洗顔料の選び方

洗い方が悪ければ美肌効果が出にくい


洗い方が悪ければ美肌効果が出にくい

洗顔は美肌をつくる基本と言われています。そのため洗顔料にはみなさん気を使っているのではないでしょうか。ただ、どんなに良い洗顔料を使っていたとしても、洗い方がきちんとしていないと美肌効果は出にくいので、ここでは洗顔の仕方をお伝えしたいと思います。まず雑菌を取り除くため、手を洗います。次に、ぬるま湯で顔を濡らします。ニキビにおすすめの洗顔石鹸を紹介中。ニキビケアには専用のアイテムを使うのが大事です。この時、もっと入念にしたいと思った人は、タオルを水に濡らし、軽く絞ったあとビニール袋などに入れてレンジで30秒から1分温めて、熱い状態ではなく、温かい状態で顔にのせてください。脂が落ちやすくなります。次に洗顔料を洗顔ネットに入れて、ぬるま湯で泡立てます。弾力のある泡がベストです。泡ができたら、顔にのせ、肌には触れないよう、円を描くように洗います。肌に触れてしまったら、摩擦によって炎症を起こすことがあります。最後にぬるま湯で洗い流します。もちろん、この時も手にお湯をのせて、顔を洗います。シャワーから直接は厳禁です。洗い残しがなくなったら、冷水で肌を引き締めて、清潔なタオルで抑えるようにふいたらスキンケアして終わりです。せっかく良い洗顔料があるのであれば、洗い方にも注意しましょう。