洗顔料の選び方

洗顔料の種類


洗顔料の種類

洗顔料を形状で分類しますと、フォームタイプやジェルタイプや泡タイプや固形タイプと大まかに4種類に分類できます。まずフォームタイプはチューブに入ってるものが多く、最も一般的です。使用には、十分に泡たてることと、一度に使う量が多くなりすぎないことに注意するとよいでしょう、粒々のスクラブ入り洗顔料は、さっぱりとした洗いあがりが特徴ですが、お肌を傷つけてしまうことがあるため、避けたほうが無難です。ジェルタイプは水分が多いため泡立ちやすく、洗い上がりもさっぱりsています。洗浄力は高めのものが多いので、脂性肌の方におすすめです。洗顔後にヌルヌル感が残る場合、保温効果ではなくすすぎが不十分という可能性もあるので注意が必要です。どのようなタイプの洗顔料を使うにしても、お肌への負担を小さくするため、丁寧に泡立ててきめ細かい泡で洗うことが大切です。泡タイプの洗顔料は、ポンプ式で、泡の状態で出てくるため、使いやすく、お肌への負担も小さいというメリットがあります。